どうやってサポートするの?

小学生、中学生のアイデアや発明品の特許取得と商品化をお手伝いをします。具体的には下記のような、特許に関するサポートと商品化に関するサポートをおこないます。

・弁理士による特許取得可能性の審査
・弁理士による特許出願資料の作成と出願
・特許出願費用の補填
・弊社や協業企業による商品開発と製作
・弊社や協業企業による商品の販売
・商品の営業や広報と販路の開拓
・アイデア採用者への販売利益の配当

自分の考えたアイデアが特許として認められ、商品として世に出るというワクワク感を多くの子供達が経験できるように全力でサポートします。

 

どんなものを商品化するの?

「こまっている人の役に立つものを作る」が弊社の商品化モットーです。これは、社長が夏休みの自由研究で作ってきた作品に共通するテーマであり、会社の創業理念にもしています。

そして、商品化するのは小中学生が特許を取得したアイデアだけです。“やくたつ”ブランドとして様々な子供達のアイデアを商品にしていきます。

 

どうやって商品化するものを決定するの?

夏休みの時期に合わせた自由研究コンクールを毎年開催し、応募作品の中から選考します。その他にも、HPからの応募や小中学校との商品開発コラボ授業の中からも検討します。

決定基準は、「こまっている人の役に立つ」「特許取得の可能性がある」「商品として成立する」「小中学生のアイデア」です。特許取得や商品化にチャレンジするため、ぜひ応募して下さい!

(応募フォーム準備中)